変化朝顔、ラン、熱帯花木の栽培日誌を中心とした園芸ブログです
珍しい朝顔の花が咲きました。
開花するまでは普通の車咲だと思ってましたが
咲いてみてびっくり!
「青縮緬立田蜻蛉雨竜葉紫総鳥甲噴上車咲牡丹」
Q515車牡丹
縮緬、立田、牡丹と3個の遺伝子が重合したものです。
私のように親木が株数が多く取れない場合は徐々に
遺伝子が抜けて行って、しまいには普通の丸咲に
なってしまう事が多いのによくぞ全部の遺伝子を維持出来た
ものだと感心してます(運が良いだけです)


これも特殊な朝顔です。「糸柳葉」
葉の形状からして生育が悪いので開花までこぎつけることが
心配です。
糸柳葉
柳と笹の遺伝子が重合するとこのような葉が出来ます。
これで牡丹咲になったら最高です。


黄花のゼフィランサス「シトリナ」が開花
シトリナ
徐々に花数が少なくなってきて今年は一輪です。


急に良い天気になりましたが今までの曇天にすっかり
慣れてしまったプルメリアは日が出ると葉、花が垂れてしまう。
シアムレッド垂れ


日向春花アイコン???c_jpg
関連記事
スポンサーサイト

【2017/08/21 23:19】 | 朝顔
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可